50歳からの転職を応援【転職ノウハウ活用特集】

*

ハローワークを利用しよう

   

求職者登録をしよう
 
 退職後は失業保険の手続きを行うためにハローワークに行くことになりますが、失業保険以外にも求職者としての登録を行いましょう。

 基本的に失業保険を受給するためには求職活動を行うために、求職者としての登録も行うのが一般的となっていますが、自己都合による退職の際には、早くても受給するまでに3ヶ月はかかります。

 実はハローワークでは求職支援活動の1つとして、早期就職者には再就職手当てを支給する制度もあるのです。この手当てをもらう条件がいくつかありますが、基本的にハローワークに通って求職活動を行い、失業保険の受給日数が1/3以上残っていれば、もらうことが可能となります。

 こういった制度は、ハローワークに行って手続きをしなくてはもらうことができませんので、退職後は必ず行くようにしましょう。

 また、求職者として登録することで、就職活動をより効率的に行うことが可能となります。登録時はハガキサイズの登録証明書のようなものをもらい、それには登録番号が与えられています。

 この登録番号があることで、自宅にいながらハローワークで扱っている求人を全て閲覧することが可能となるのです。求人によっては、登録者だけにしか公開していない情報というのもあるので、登録しておいたほうがより効率よく調べることができるのです。

 自宅で検索した中で気になる求人などがあった際には、その求人情報をメモしてハローワークに行き、紹介状を出してもらうのが良いでしょう。年々ハローワークを利用する求職者が多く、時間帯によっては大変混雑しています。

 そのため、求人を調べようと行ってもパソコンが空いてないといったケースもあることから、自宅で調べた方が効率的と言えるのです。また、紹介状をもらって面接などを行い採用された場合や、たとえ不合格となっても就職活動をした証明として、面接先の企業の担当者に書類にサインなどをしてもらうようにしましょう。

 ハローワークでの失業保険の手続きや、再就職手当ての手続きに必要となりますので、必ずもらうようにしてください。どうしても記入してもらえないような時には、無理やりお願いしなくても大丈夫です。

 - 退職後の手続きの進め方

  関連記事

面倒でも年金の手続きは行っておきましょう

①年金の種類、手続き   これまで社会保険に加入して勤務していた方は、ほとんどの …

入社後にチェックしておくと安心できるポイント

自分が会社に合わせられる点を探りましょう  入社した後のチェックポイントのひとつ …

会社から引き止められたら“とっておきの対処法”を使ってみましょう

態度も言葉もウロウロとしない  退職することを相談したら、引き止められる。その引 …

退社に伴う手続きで欠かすことができない2大手続き

退社後に転職活動をする人が知っておきたい雇用保険  転職活動に専念するために、ま …

失敗しやすい退社の挨拶と成功しやすい退社の挨拶

感情的になると失敗しやすい退社の挨拶  決して思い入れが強いわけでもないのに、別 …

失業保険は転職の意志がある人のための制度

①失業保険とは   今まで雇用保険に加入し、会社で働いていた人が、会社を退職した …