50歳からの転職を応援【転職ノウハウ活用特集】

*

見た目が印象の8割を決める!

   

①見た目が大事は本当か? 
 人は初対面の人に対して、まず見た目でどういった人物かを判断します。これは意識して行うのではなく、人間の本能として働くものです。

人を見て優しそう、怖そうといった思った経験を持ったことがあるのではないでしょうか。そのため、面接時は見た目が非常に重要なるのです。

特に人というのは第一印象がとても大切で、一度付いた印象というのは短時間で変えることは難しく、悪い印象となってしまった際には結果に大きく響いてしまうでしょう。そうならないためにも、面接時は特に最初が肝心となるのです。

②身だしなみで注意すべき点 
 面接官は、応募者の頭の先からつま先まで見られていると思って望んだ方が良いでしょう。社会人として働く上で身だしなみを整えることは最低限のマナーとなっており、それが守れていない人は採用されることはないでしょう。

男性ならば当然スーツ着用で、髪は耳が隠れない程度の長さで整髪料などで整えます。スーツやシャツにしわや汚れがないのは当然で、靴も磨いておきましょう。女性の場合はカジュアルスタイルで面接に望む人も多いですが、しっかりとしたスーツで受ける方が良いです。

髪が長い場合には後ろで一本にまとめるのが良いですが、短い場合においても整えておくようにしましょう。また、面接時の季節に応じても服装には気をつけなくてはいけません。

冬の場合にはスーツにコートを着用しているケースがありますが、面接時は当然コートを脱いで入室してください。会社に入る際には着用していても問題はないですが、マナーとして脱ぐのが当然です。また、夏においては節電対策としてもクールビズを推奨している企業が多くありますが、特に指定等がない場合には男性はネクタイ着用となります。

.①曖昧な表現はしない 
 面接は面接官からの質問を受けて回答するといった流れが多いですが、その質問には答えづらいようなこともあります。人というのは自信がなかったり不安に思っていることがあるときには、声が小さくなる、またはうつむいてしまうといった行動を取ることがあります。

このような行為は面接官に印象が悪くなりますが、さらに不安があるなかで回答する場合は、~かもしれない、~だと思いますといった表現をすることが多いです。面接は自分の能力や経験などスキルをアピールする場となっており、それを面接官に認められなければ、採用になる可能性が低くなるのです。

そのため、面接時に不安を持っているような回答をしてしまうと、その気持ちが相手にも伝わってしまうのです。よって、多少不安に思うような内容の質問だったとしても、言い切る表現で回答するようにしてください。~です、~できます、といった具合にしましょう。

また、どうしてもわからないような質問の際には、知ったかぶりをせずに正直分かりませんと答えるほうが良いです。もしわからないことを適当に答えてしまうと、面接官はプロですので見破られる可能性があるため、正直に答えましょう。

 - 好印象を与える面接術

  関連記事

50代がよく聞かれる質問とその回答に繋がるポイント

「転職は初めてですか?」や「転職は何回目ですか?」  面接官に聞かれること(よく …

no image
50歳の面接で大事なのは、話す力より聞く力って本当?!

①話す力、聞く力  面接は自己アピールする場ですので、話す力があるかないかで大き …

今更対策は必要ない?甘く考えていると大変な面接時のマナー

50代でも非常に多い面接時のマナー違反  社会人経験が非常に多いからでしょうか、 …

志望動機がどれだけ大事なものかを知っておきましょう

面接の全てが凝縮されているのが志望動機です  面接では、面接官から幾つもの質問が …

50歳の転職希望者も他人事ではない?圧迫面接が行われる理由とは

精神や行動の柔軟さをチェック  社会で働いていくためには強固な精神力が必要となり …

no image
曖昧な表現は面接官を不安にさせる

①曖昧な表現はしない   面接は面接官からの質問を受けて回答するといった流れが多 …