50歳からの転職を応援【転職ノウハウ活用特集】

*

計画を作る意味と悩んだ時にしたいこと

      2016/01/25

目標作りでもある計画作り

 転職計画を考えると、目標が見つかることが往々にしてあります。逆に、目標を見つけたいのであれば、転職計画を立ててみるといいでしょう。目標には時期的目標や、転職そのものの目標などが存在。もちろん、どちらも、転職計画を立てることで見出しやすくなるでしょう。

 スケジュールを立てていけば、自ずと自分に適した転職期間というものも見つかりますし、理想と現実のギャップを早くに掴むこともできます。現実的な時期的目標がしっかりとわかれば、焦ることも無理をすることも過剰な妥協をすることもなく、活動を進められるかもしれません。

 また、計画を立てることで、現状の把握などを通じて改めて自分と向き合うことにも繋がり、そこから転職の目標が見つかることもあるはずです。

他者の経験を利用した計画作り

 いざ転職計画を立てようと気合いを入れてみたものの、どういった計画が適切であるか皆目検討もつかない人もいると思います。そういった人は、他者の経験を元に、計画を考えてみてください。

 転職者の中でも50代でそれを試みた人は山ほどいますし、そうした人たちの体験談も、すぐに手に入れることができる時代。とりわけ、同年代の転職者がどれだけの期間を要して転職を成功させたのかを知れば、計画が立てやすくなるはずです。

 転職にかかったお金や退職活動との兼ね合いなどの情報も仕入れ、それを自身の活動計画に反映させてみましょう。

【関連記事】
自己分析は「自分」の「何」を分析するのかを絞り込むこと
決して一通りではない転職活動の流れ
転職活動期間に関する認識と、確実に計画を遂行する方法

 - 転職の進め方

  関連記事

自己分析は「自分」の「何」を分析するのかを絞り込むこと

自己分析時に想定すべきは転職後の自分の姿  自己分析は、過去の自分と向き合うため …

転職活動期間に関する認識と、確実に計画を遂行する方法

50代から急激に下落する転職率  残念なことに、転職活動にかかる期間というものは …

決して一通りではない転職活動の流れ

若い人の転職の流れと違う部分はある?  若い転職者は、転職活動を始める時に、セミ …