50歳からの転職を応援【転職ノウハウ活用特集】

*

面倒でも年金の手続きは行っておきましょう

   

①年金の種類、手続き 
 これまで社会保険に加入して勤務していた方は、ほとんどの方が厚生年金に加入しています。厚生年金とは、会社と個人が半分ずつ払っていくことで加入しているのですが、会社を退職したら当然厚生年金ではなく国民年金に切り替えなくてはいけません。

 その手続きは退職してから14日以内に、市区町村の役所、もしくは役場と行うことができます。国民年金の支払いは、退職した月から徴収することになっていますので、月末に退職した場合でない限り、退職月から支払う必要があるのです。

 必要書類としては、年金手帳と印鑑、退職証明書となります。ただ、次の仕事がすでに決まっており収入の予定がある場合には良いですが、退職して就職が決まらずに所得がない、もしくは所得が少ない人は、特例免除制度というのがあります。

 個人の所得などに応じて保険料を減額できたり、あるいは全額免除になることもあるのです。手続きは同様に市区町村の窓口にて申請することができます。

②健康保険を切り替えよう 
 
 会社勤務で社会保険に加入していた人は、退職後は国民健康保険に切り替えるか、これまで加入していた保険に任意継続するかしないといけません。どちらがい良いかはそれぞれの状況によって違ってくるでしょう。

 加入条件として健康保険は2ヶ月以上社会保険に加入していたことが条件となっており、保険料の計算は都道府県の利率によって異なります。ただ、国民健康保険には扶養というのがありませんが、任意継続の保険には扶養があります。

 国保ですと家族がいる方の場合には、人数が増えるほど保険料が増えますので、それらを考慮して選択すると良いでしょう。手続き方法は、任意継続の保険と選択する際には、協会けんぽの都道府県支部へ資格取得申出書を作成して申請するかたちとなります。

 国民健康保険への加入は、市区町村役場にて、社会保険の資格喪失証明書を持って行きましょう。任意継続する際には退職日から20日以内に手続きを行わなければ、それ以降一切受付してくれなくなりますので、注意しましょう。

 - 退職後の手続きの進め方

  関連記事

失敗しやすい退社の挨拶と成功しやすい退社の挨拶

感情的になると失敗しやすい退社の挨拶  決して思い入れが強いわけでもないのに、別 …

入社後にチェックしておくと安心できるポイント

自分が会社に合わせられる点を探りましょう  入社した後のチェックポイントのひとつ …

af0060001249l
ハローワークを利用しよう

求職者登録をしよう    退職後は失業保険の手続きを行うためにハローワークに行く …

失業保険は転職の意志がある人のための制度

①失業保険とは   今まで雇用保険に加入し、会社で働いていた人が、会社を退職した …

退社に伴う手続きで欠かすことができない2大手続き

退社後に転職活動をする人が知っておきたい雇用保険  転職活動に専念するために、ま …

会社から引き止められたら“とっておきの対処法”を使ってみましょう

態度も言葉もウロウロとしない  退職することを相談したら、引き止められる。その引 …