50歳からの転職を応援【転職ノウハウ活用特集】

*

50歳からの転職に役立つ手順

 年代毎に転職活動の内容は異なるの?と思う人もいるかもしれませんが、異なるんです!50代にも、その他の年代とは少し違った意識で取り組まなければならないことが出てきます。間違った取り組み方をしないよう、50代らしい、そしてあなたらしい活動を実践していきましょう!

転職の準備で配慮しておくべきポイント

 50代の転職準備って何でしょう。お金のことも家族のことも考えなければならないことが一点。失敗の可能性も低くはないので、必ずしも能力や実績に見合う転職ができるわけではないことを念頭に入れておくことが一点。それらのポイントに配慮し、転職活動の末の着地点を考えておかなければなりません。

【参考記事】
計画を作る意味と悩んだ時にしたいこと
自己分析は「自分」の「何」を分析するのかを絞り込むこと
決して一通りではない転職活動の流れ
転職活動期間に関する認識と、確実に計画を遂行する方法

できる限り多く使いたい転職サイト

 50代の多くは時間や経済的な制約もあると思うので、効率の良い求人情報収集が必須。転職サイトはできるだけ多くを利用し、更新日には必ずチェックすること。経験の部分と年齢の部分を強く意識して、適切な求人情報の取捨選択を行ってください。

【参考記事】
事前の決断と対応力で充実する転職時の仕事探し
活用する求人情報媒体の数によって生まれかねない弊害やリスク
良い求人と、それに出会えない人の特徴とは

管理能力についても触れておきたい応募書類

 若い人と同じ応募書類で通用するわけがありませんよね。「仕事ができる」というのは、人との接し方や育て方なども含めた管理能力があってこそ主張できるもの。50代が企業に求められるのは、まさにこの点で、特に職務経歴書にはこうした管理能力を持っていることも示しておきたいところです。

【参考記事】
基本情報である履歴書で大事なのは基本的な履歴書書き方で作成すること
準備と工夫でより良い職務経歴書書き方を目指しましょう
職務経歴書で見られるポイントを2つに絞ってみてみましょう

50代ならではの成熟度を面接で

 知識・見識・常識。50代はこれを持っていなければ話になりません。それらが、40代以下の人たちよりも多く、成熟していることも面接で晒すべき。質問の答えも逆質問も、ありきたりでつまらないものにならないよう、練り上げておきましょう。

【参考記事】
今更対策は必要ない?甘く考えていると大変な面接時のマナー
50代がよく聞かれる質問とその回答に繋がるポイント
志望動機がどれだけ大事なものかを知っておきましょう
50歳の転職希望者も他人事ではない?圧迫面接が行われる理由とは

退職活動は仕事であり整理作業

 退職とは、整理作業です。会社との関係、これまでの仕事、会社以外の関係者との繋がり、書類など、こうしたものをひとつずつ整理していくことが、徐々に自分を退職へと向かわせます。50代はこれらの整理作業も多くなるでしょう。いい加減な整理をしないよう、最後まで仕事として対処してくようにしてください。

【参考記事】
退社に伴う手続きで欠かすことができない2大手続き
失敗しやすい退社の挨拶と成功しやすい退社の挨拶
入社後にチェックしておくと安心できるポイント
会社から引き止められたら“とっておきの対処法”を使ってみましょう

公開日:
最終更新日:2016/01/25