50歳からの転職を応援【転職ノウハウ活用特集】

*

50歳の転職希望者も他人事ではない?圧迫面接が行われる理由とは

   

精神や行動の柔軟さをチェック

 社会で働いていくためには強固な精神力が必要となります。20代そこそこの若い人なら、それを社会の中で実際にもまれながら身に付けていくのでしょう。しかし、50歳であれば強固な精神力は既に身に付けていなければなりません。それを持っているのかどうかを圧迫面接によって確かめられることがあるのです。

 同時に、柔軟さもチェックされている圧迫面接。ピンチの時やハプニングが起こった時には柔軟に対応する能力が社会人には求められるため、それも圧迫面接を行うことによって面接官は見極めようとしています。強固な精神力や柔軟さがあるかどうかだけではなく、その程度も見られていると思っておきましょう。

非常に多い圧迫面接「何故ですか?」

 圧迫面接で非常に多いのが、「何故ですか?」と問うもの。面接ですからこのくらいは当然だと思うかもしれませんが、圧迫面接と言われるものとなれば、その頻度は尋常ではありません。「何故ですか?」という面接官の質問に答えているにもかかわらず、その答えにさらに「どうしてですか?」、「何故そう思うのですか?」という問いを延々と投げ掛けてくることがあるのです。

 これに全てに答えられなければ、「中身のない人間」と思われてしまうかもしれません。動揺すれば強固な精神力は持っていないと思われるでしょうし、取り乱せば柔軟さがないと思われてしまうでしょう。

柔らかい表情は断固崩さない

 対応の柔軟さも重要ですが、表情にも柔らかさを持って面接に臨みたいところ。圧迫面接の場に自分が居合わせれば、どうしても表情が硬くなったり困ったような表情をしてしまうものですが、そんな状況だからこそ表情は柔かさを保ったまま、あるいは、より一層その意識を高めておかなければなりません。

 これによって強固な精神力があることは確実に示せるはずです。あとは頭の中でどのような対処・対応をするのがベストなのかを導き出し、それを実際に繰り出せばOK。そうすれば圧迫面接を無事に乗り越え、採用に必要な一定の評価を得ることができるでしょう。

【関連記事】
今更対策は必要ない?甘く考えていると大変な面接時のマナー
50代がよく聞かれる質問とその回答に繋がるポイント
志望動機がどれだけ大事なものかを知っておきましょう

 - 好印象を与える面接術

  関連記事

no image
50歳の面接で大事なのは、話す力より聞く力って本当?!

①話す力、聞く力  面接は自己アピールする場ですので、話す力があるかないかで大き …

志望動機がどれだけ大事なものかを知っておきましょう

面接の全てが凝縮されているのが志望動機です  面接では、面接官から幾つもの質問が …

今更対策は必要ない?甘く考えていると大変な面接時のマナー

50代でも非常に多い面接時のマナー違反  社会人経験が非常に多いからでしょうか、 …

50代がよく聞かれる質問とその回答に繋がるポイント

「転職は初めてですか?」や「転職は何回目ですか?」  面接官に聞かれること(よく …

no image
見た目が印象の8割を決める!

①見た目が大事は本当か?   人は初対面の人に対して、まず見た目でどういった人物 …

no image
曖昧な表現は面接官を不安にさせる

①曖昧な表現はしない   面接は面接官からの質問を受けて回答するといった流れが多 …